ロゴ作成のポイント

ロゴ作成には会社のロゴや、サービスのロゴ、事業のロゴやブランド・商品のロゴマークなどいろいろなものがあります。

商品のロゴで世界的に有名なものはコカコーラやペプシ、最近ではGoogleやYouTubeなども一目で分かるロゴマークです。

日本のもので世界的に有名なのはTOYOTAやSONY、最近はユニクロでしょうか。

それほど、ロゴというのは重要なものと考えてもいいものです。

イメージを伝えるという意味で、社名やサービス名を文字でデザインしたものはとても有効です。

上記のロゴマークの例は、文字をデザインしたものです。

コカコーラは赤の文字がすぐに頭に浮かぶはずです。

ペプシも独特のフォントを使っていてコカコーラとの差別化をはかっているのが分かります。

GoogleやYouTubeのロゴマークを知らない人はいないでしょう。

TOYOTAやSONYはロゴと思わないかもしれませんが、れっきとしたロゴマークとして通用しています。

社名やブランド名などが入らないロゴマークで、世界一有名なのはきっとオリンピックのマークでしょう。

五輪の輪、きっとユニセフや国際連盟のロゴよりも有名です。

ロゴ作成を考えた時には、ちょっとイメージしておくといいでしょう。